石川酒造場

プロフィール

石川酒造場

Author:石川酒造場
泡盛を造ってます。

沖縄県西原町小那覇1438-1
TEL:098-945-3515
FAX:098-945-3997
公式ホームページ
http://www.kamejikomi.com

蔵元見学のご案内

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

西原情報のつぶやき

西原町の公式HP
西原町立図書館HP
西原町社会福祉協議会HP

石川酒造場を飲みたい方へ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泡盛とアジアの蒸留酒(泡盛に関するシンポジュウム)

DSCF7240.jpg


こんにちは!上間です!


先週の木曜に、琉球大学主催の「泡盛とアジアの蒸留酒」というシンポジウムに行ってきました。

泡盛の歴史やアジアのお酒のことがよくわかって大変勉強になりました。

やっぱり小泉先生(東京農大名誉教授)の講演はひきつけるものがありました。
巧みな話術って感じで引き込まれますね!すごいです。



今回はこのシンポジウムで勉強したことを書きたいと思います。


社団法人 泡盛マイスター協会 講師 照屋充子先生の
「沖縄・泡盛の魅力と韓国・済州島のお酒~原料・味・香りを探る~」より


原料米について、どういう流れでタイ米を使う経緯になったのかを知ることが出来たのでご紹介します。


泡盛原料の歴史はざっと以下の通りです。


粟などの雑穀を使用(粟だけだと辛いお酒になる)


中国から唐米(インディカ米)が食用で輸入される


粟と半々で混ぜ泡盛の原料として使用するようになる


唐米が高騰し、タイ米が輸入される。(昭和初期まで定着)


復帰直後、古米(ジャポニカ米)を使用するが使いにくかった。


タイ米に戻る。



ジャポニカ米にチャレンジしてタイ米に戻ったのは知っていたのですが、その理由の一つにアルコール収得がタイ米の方が高かったということがあったとは初めて知りました。

麹造りの際にパサパサしたタイ米は、やはりジャポニカ米に比べて使い易いんですね!

やっぱ泡盛にはタイ米が合ってるんですねw




しかしながら、先人がすごいと思ったのは、沖縄にない唐米やタイ米を貿易して手に入れられているところですね。

いかに沖縄の外国との交易が盛んであったかが伺えます!すげぇー!




この次ぎも今回勉強したことを書きたいと思います。


では!今回はここまでw



スポンサーサイト

蔵元見学のご案内

 蔵元見学大歓迎です。


沖縄旅行のついでに・泡盛好きを深めるためにぜひお越しください。


たいした物はありません。小さい蔵元ですが、
ズラリと並んだもろみ甕は石川酒造場の自慢です。


もろみ甕


見学された方は満足して頂けると思いますよ。


※事前に連絡くださいね。



【蔵元見学】
平日 9:00~17:00  
土日祝祭日は蔵元はお休みですので見学はで来ません。

※事前に予約をください。
(作業工程の都合で、ご希望の日時での見学ができない場合があります。)


【ご予約の連絡先】

電話:098―945-3515 (平日 9:00~17:30 )

メール:info@ishikawa-syuzojo.net
メールでのご予約の場合、メール又はお電話で確認させて頂きます。


日時が迫っている場合は電話でお問い合わせください。
(メール対応は時間がかかりますので)




たいした記事ではないですが、ポチッとお願いします。
ポチとね。

人気ブログランキングへ



今日の工場見学!

久しぶりに工場見学の担当になりました。

ドキドキしながらご案内です。(製造部なので工場内は知り尽くしてますが、言葉を発する行為は緊張です。)


原料米であるタイ米に興味深々。

甕が並んでいるもろみ甕の部屋を見て「おお~」

ちょうど甕を洗っている現場に出くわしたので、もろみ甕担当にもろみの攪拌を実演してもらいました。



実際に現場担当から説明を受けたのでよりリアルに『手間ひまかけてる感』が実感できたようです。
(今回はラッキーでしたね。)


蒸留初期だったので蒸留器の説明の時には「機械動いてる?」って感じで見た目には分からなかったのですが、

いろいろ見学して工場を出るときに蒸留器の前を通ったら「アルコールが出ている!!」

蒸留器からアルコールで出てない時と出ている時を見ることができてより実感&感動のご様子でした。


今回のお客様はラッキー続きでしたね。

工場見学

沖縄市美里で『居酒屋 海族工房』をやっているそうです。

いろいろ泡盛も集めていて、工場見学も本島制覇する予定だそうです。

とても楽しい方々でした。写真やコメントのご協力どうもありがとうございました。

是非石川酒造場のお酒を宜しくお願いします。




ちなみにQAB(琉球朝日放送)で『熱血釣り塾』という番組をやっている方のようで、石川酒造場の釣り好きは皆さんご存知のようでした。(すみません全然知らずに失礼しました)




甕仕込み・甕貯蔵の17年古酒、完売しました

甕仕込みで造り、甕で貯蔵した泡盛『甕仕込17年42度』。

数量限定で販売してましたが、(石川酒造場においては)完売いたしました。


ご愛顧頂きありがとうございました。




甕で貯蔵すると数量が限られるので大変残念ですね。


またいつか甕貯蔵の泡盛を製品化すべく、今はひっそりとゆっくりと寝ています。

甕貯蔵


美味しい古酒になるように育てますよ~。



たいした記事ではないですが、ポチッとお願いします。
ポチとね。

人気ブログランキングへ





琉球泡盛島風紙パック

先日事務所にいるときに「島風紙パック」の開け方についての問い合わせ対応を小耳に。


石川酒造場、紙パック製品もあるんです
琉球泡盛 『島風』です。(紙パックは便利ですよね)

島風パック

で、このパックはジュースなどのパックとはちょっと開け方が違うンですよ。

お客様には開け難くてご迷惑をかけてるかも。


なのでちょっと説明を。

キャップのアップ画像です。
パックのキャップ
キャップの下の方につまみがあるので、これをまず引っ張ってまわして外します。
キャップ

それからキャップをまわして開けます。

このつまみ(セーフティーテープ)を外さないとキャップが空回りすると勘違いされちゃいます。

ちょっとややこしくてすみません。


でもこのキャップにもちゃんと意味が合って、

商品棚に並べている時に、
いたずらで開けられないように
また開けられちゃった場合すぐに分かるようになってるんです。


安全のためなのでご協力お願いします


商品の後ろのほうにちゃんと開け方も書かれていますよ。
キャップの開け方

ぜひスーパーで見かけたら飲んでみてみてください。
(今のところ沖縄のみの販売かも)




たいした記事ではないですが、ポチッとお願いします。
ポチとね。

人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。