FC2ブログ

石川酒造場

プロフィール

石川酒造場

Author:石川酒造場
泡盛を造ってます。

沖縄県西原町小那覇1438-1
TEL:098-945-3515
FAX:098-945-3997
公式ホームページ
http://www.kamejikomi.com

蔵元見学のご案内

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

西原情報のつぶやき

西原町の公式HP
西原町立図書館HP
西原町社会福祉協議会HP

石川酒造場を飲みたい方へ!

第10回「梅の香り」うた遊び大会in 西原町

石川酒造場は西原町字小那覇という場所にあります。

毎年この“西原町小那覇”という場所で、

「梅の香り」うた遊び大会
というイベントが開催されます。

梅の香り

石川酒造場も地元ということですこ~しご協力を、ということでお知らせです。


毎年やっているのですが、「梅の香り」って何?どういうものなの??ということで

西原町小那覇児童公園に行ってみました。

P1050205.jpg
新しく出来た道、小那覇~マリンタウン線をサンエー西原シティーからマリンタウン向けに200m位進むと、左手にこのような小さな看板を発見!

看板通り曲がると細い道が。
ここは住宅地の道なので、皆さん運転には気をつけて。

小那覇児童公園に入ると
P1050206.jpg
「梅の香り」作詞作曲家の顕影碑
P1050207.jpg
「梅の香りの」の歌詞を彫った歌碑がありました。


作詞作曲家がどのような人なのか知らなかったので顕影碑より

 『名曲「梅の香り」の作詞・作曲者、荒川嘉徳氏は、1899年2月10日に西原村(現西原町)字小那覇に生まれ、14歳でハワイへ渡って働きながら電気機械工学を学び、蓄音機関連の発明でアメリカ合衆国政府から特許を得る。
 氏はハワイ在中に西条八十作詞「日の皇子様の初節句」などの作曲やルーズベルト大統領の歓迎演奏などで天才音楽家の名声を馳せる。
 1936年に一旦帰郷後大阪へ渡り、「梅の香り」などの新作レコード吹き込み、琉球音楽の演奏会、「平和行進曲」の広島市平和センターへの寄贈などを行い、大阪市西淀川区で1976年2月29日享年77歳で没した。
 1939年発売の「梅の香り」は、琉球音階に洋楽の影響が潜みグローバルで斬新な曲と評価され親しまれ
でいる。』
 



西原町小那覇出身者にはこんなすごい人がいたんですね。


 この顕彰碑は、荒川嘉徳氏の偉業を偲び「梅の香り」が末永く歌い継がれることを祈願して、多くの
方々のご協力によって建立されたそうですよ。(2001年4月吉日建立)



第10回「梅の香り」うた遊び大会は
平成24年4月28日(土)午後6時開演です。
お近くの方はぜび遊び行ってみては

ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

お勉強会

石川酒造場はここ数年の間に若い従業員が増えました。

そこで、

「石川酒造場の泡盛はこうしてできる的なお勉強会を開催。

主に製造部がメインですが(製造部員でも担当部署が違うと分からないことが多いので)、事務や営業部員も参加しましたよ。

勉強会

勉強会

こんな感じで。


結構ためになった勉強会だったようです。

より一層泡盛が好きになったようです。


泡盛製造に勤しんでくださいね。





新たな気持ちで

4月が始まりました。

石川酒造場の新年度はまだまだ先(6月)ですが、新たな気持ちで幕を開けた4月です。


毎月、月初めには全体ミーティングがあります。

今月のミーティングは厳粛な雰囲気で始まりました。

さる3月に行われた泡盛表示の講習会に社長・部長が参加したと報告がありました。

今回の問題を受けてこれまで対応・対策してきたことやその講習会で得た情報の報告を社員全員で共有し、みんなが危機意識を持って関心を持ち、二度とこのようなことを起こさないように誓いました。

具体的な再発防止策も説明してもらい、「だれが」ではなく「みんなで」協力して行けるような気持ちになりました。“絶対にこのようなミスは犯さないぞ、見逃さないぞ”と。


部長からは、

「自分たちの会社だけでなく、泡盛に携わる販売店や飲食店、関係者の皆様にも多大な迷惑をかけていることを忘れずにみんなで一丸となって意識改革・再発防止に努めよう」

とお話しがありました。

泡盛が今あるのも、これまでたくさんの人たちが守って・支えて・愛してきたからだということに改めて気付き、胸が痛くなる思いです。


直接ご連絡いただいたお客様からは
「残念です」とお叱りのお言葉を頂いたのですが、最後には応援のお言葉も頂き、

石川酒造場はこのような“石川酒造場の泡盛が大好き”な お客様に活かしてもらってるんだなと改めて実感しました。

このようなお客様を二度と失望させないように、『泡盛』を商品としてのみ見るのではなく沖縄の大事な文化である事を忘れすに、泡盛製造に携わっていきます。




はるさ~してみるさ~!

はいさい

さいが族さいがっと

なかなかすんなり

夏がこないですね・・・

暑くなったり寒くなったり

な~つよこぃっ


さて『はるさ~してみるさ~』 
      はるさ~とは畑男のことです

そう畑仕事してみました

会社の裏にですね

もともとは

シークワサぁー畑があったのですが

去年から『かみきりむし』に

やられシークワサぁー全滅状態に・・・

なのでなんか植えたいな~と

こんな感じの荒地
畑-1

スコップ&つるはしで

ざくざくと・・・いや

地面が硬すぎて

『ゴスッ!』とか『ガスッ!』とか『ドスッ!』とか

まるで開拓者のような気分

ホントに先駆者たちはすごいな

道具もない時代に荒地を

農地に開拓してきたなんて

さいが族はだらしなく

『はぁはぁ・・ぜぇぜぇ・・

日頃の運動不足が・・・

そして土起こしが終わり

○田部長にメ○クマンで

有機肥料を買ってもらい

まぜまぜ

草刈の後燃やした灰を

まぜまぜ

ほい
出来上がりっと
畑-2
プチ石川農園の完成

さ~てっなに植えよっかな~
ゴーヤーにトメ~ト~に

島唐辛子に・・・

あっなすもいいな~

さいが族

妄想族へ

プチ石川農園

なにか植えたら

Upしま~っす





byさいが族



| ホーム |


前のページ «  ホーム 

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -