石川酒造場

プロフィール

石川酒造場

Author:石川酒造場
泡盛を造ってます。

沖縄県西原町小那覇1438-1
TEL:098-945-3515
FAX:098-945-3997
公式ホームページ
http://www.kamejikomi.com

蔵元見学のご案内

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

西原情報のつぶやき

西原町の公式HP
西原町立図書館HP
西原町社会福祉協議会HP

石川酒造場を飲みたい方へ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい玉友7年古酒

今でもたま~に思い出します。

『玉友7年古酒』


もう随分前に終売になりましたが。
(最後の製造が2004年4月でした)


この7年古酒「おいしかったな~」ってイメージが強いんですよ。

営業さんに聞いてもお客様の評判はよかったそうで、「また7年出してよ~」と言われるそうです。
(今のところ商品化の予定はありませんが。たぶん)


で、実家に保管してあった泡盛を引き取ってきました。
(飲まれてなくてよかった)
玉友7年古酒
これこれ懐かしいですね。
(詰め日が2004年4月1日なので7年+8年=15年古酒になってます

今飲んでも昔みたいにおいしく感じるのかな飲んでみたいな。でもなぁ~。

とか考えながら眺めてます。


なぜかと言うと、工場にも在庫がない。

今これ1本しかない。

これを開けてしまうともったいない。

などと考えながら、しばらく飾ることにしました。

“私物なのに開けられないなんて。でも勿体ないし。でも飲んでみたいし。”

と頭の中をぐるぐるしてます。


自分で保管して古酒にしたお酒って飲むタイミングが難しいのですね~




ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村


 ブログランキング
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

夏バテ対策にもろみ酢

梅雨明けした沖縄は毎日暑い

まだ6月なのに早くも夏バテ気味です。

で、今日の一杯(もろみ酢ですよ

もろみ酢

シャッキっとしたいけど美味しく飲みたいということで、今日のもろみ酢は

氷をいっぱい入れたコップに

スィートタイプ3割に原液7割のミックスにしてみました。

程よく甘く、酸味はしっかり欲しかったのでね。

原液だけだと甘くないので砂糖の代わりにスィートタイプで甘みをつけた感じです。

氷いっぱい入れたのでキンキンに冷えて夏には最高です。


一気にグビッといっちゃいました。


これで夏バテ回避できれば良いのですがね。




石川酒造場の『元祖琉球もろみ酢』についてはこちらから
もろみ酢






ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村


 ブログランキング
人気ブログランキングへ


工場見学のご案内の補佐をしました

今回はちょっと多人数の工場見学

なので、補佐役としてご案内。(ちょっとホッ

やっぱり人前で説明するのって緊張するんですよね。なのでたまに言い回しが変だったり、言葉が出てこず・・・になったり

後ろから付いて回って一緒に説明聞いてました。
(他の人がどんな説明するのかな?って勉強にもなりますしね)


工場見学
原料米の説明の図。

皆さん真剣です。



蒸気も使ってなかったので、(いつも工場で働いている私達には)正直工場内はまだ比較的すごしやすかったのですが、沖縄県外からいらっしゃったお客様にはとても暑かったようで

「まだまだ全然、これからもっと暑くなりますよ~」と声をかけたら驚いてました

「すごくがんばって商品を作ってるんですね~」と。


もろみ甕の部屋では身を乗り出して興味津々




泡盛の甕貯蔵のお部屋にて説明の図
工場見学



暑い中、最後まで説明を聞いて頂きありがとうございました


またのご来店をお待ちしてます。




石川酒造場は小さい工場なのですが、たまーに団体様がいらっしゃることがあります。
(研修旅行や社員旅行、婦人会の旅行などなど)


団体様の工場見学は事前に予約が必須になりますのでね。

ご希望の方はぜひ、ご予約ください。

(小さい工場なので、大人数の場合はご相談ということになりますが、でもできるだけ案内したいと思ってますよ。)

あっ、それからこれからの季節の工場見学はとても暑いのでハンドタオルなど、汗を拭く物をもってたほうがいいですよ。
(すみませんねぇ。ホント普通の小さな工場なので



ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村


 ブログランキング
人気ブログランキングへ








しし唐おつまみ

石川酒造場には癒しを求めて結成された『農場部』があります。

“朝やお昼時間や夕方などのちょっとした時間にちょっとだけ土いじりをする”

という“にわか”農場部ですが


で、農場部で育てていたしし唐が大きく成長したのでちょこっとだけ収穫。
ししとう

10cm位のしし唐が4本(本当にちょびっとだけ)
(一気に実はつかないのね。)

でもせっかく収穫したのでおつまみにしてみました。

で、せっかく自分で栽培したのでちょっといい泡盛「甕仕込5年古酒」と一緒に

ししとうおつまみ

しし唐は少ないので、縦に2等分して、塩昆布で炒めました。
塩昆布は素晴らしい
調味料を使わずに一緒に炒めるだけでおいしくなる


石川酒造場でできたしし唐。辛くなくっておいしかった~。
(写真は・・・料理が下手ですみません)


で、「甕仕込5年古酒」の30度を水割りで頂きましたが、おいしい

仕事以外で飲むとなんっておいしいの。

すっごく甘くて飲みやすい。こんなに甘いなんて

(造り手なのにこの発言すみません 庶民なので普段は一般酒の泡盛「島風」を愛飲してるし・・・いつも仕事で飲んでいるのとはホントに違ったので・・・)


泡盛古酒も飲まなきゃなぁ~と反省です。


でもホントこの味に慣れると大変かも。





ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村


 ブログランキング
人気ブログランキングへ








泡盛製造技術者講習会でお勉強

毎年行われる、泡盛製造の技術者講習に先日行ってきました


泡盛製造技術講習会


酒税法について、麹について、もろみについて、泡盛製造の各工程の注意点について。

いろいろ教えて頂きました。



“自分達の使っている設備や原料にあった造りが出来ているのか”

“ただマニュアル通りに造るのではなく、状況によって検討しながら造っているか”

などなど。


自分達の泡盛造りを、考え方を再確認できるいい機会でした。



いろいろ考えながら・試行錯誤しながら美味しい泡盛造っていきたいですね。




ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村


 ブログランキング
人気ブログランキングへ


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。