石川酒造場

プロフィール

石川酒造場

Author:石川酒造場
泡盛を造ってます。

沖縄県西原町小那覇1438-1
TEL:098-945-3515
FAX:098-945-3997
公式ホームページ
http://www.kamejikomi.com

蔵元見学のご案内

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

西原情報のつぶやき

西原町の公式HP
西原町立図書館HP
西原町社会福祉協議会HP

石川酒造場を飲みたい方へ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8131NIGHT 2013 in 渋谷ミクロコスモス

8月2日(金)、沖縄好きな若者が集まるイベント“8131NIGHT 2013”が、渋谷ミクロコスモスという場所で開催されました! 

そのイベントで琉球泡盛“島風”を協賛で提供させてもらいましたよ~!!

①イベントロゴ

しかも泡盛は“島風”のみを仕入れて会場で振る舞われたそうです。いや~うれしいですね(^^)。

来場者147名の方に“島風”を知ってもらうとてもいい機会となりました。

あまり泡盛を飲まれない方でも「飲みやす~い!」という感想をもってもらえたようです。

また、“島風”カクテルをいくつも用意してくれていました。カラフルでトロピカルな感じがハッピーな気分になります。

②島風カクテル
③会場の様子


このイベントのコンセプトは次のとおりです。
 
『日本の宝島“沖縄”に興味がある!旅行が大好き!そんな感性豊かな年代の若者たちが
アート・音楽・デザイン・ファッション等を通じて「お〜きな輪」になり繋がり広がること』

ということで、沖縄カルチャーに関係したミュージシャン、グラフィティーなど様々なアーティストのパフォーマンスも盛りだくさんで大盛況だったそうです。

かなり楽しそう!来年は行ってみたいです(笑)

コンセプトにある「お~きな輪」が広く大きく繋がっていくように“島風”がお役に立てればうれしい限りです。イベント関係者のみなさま、イベントに参加して”島風“を飲んでくれたみなさま、ありがとございました(^^)/

また次回もぜひ協力させてくださ~い!!

なお、収益金の一部をふるさと納税制度「美ら島ゆいまーる寄附金」に寄付されたとのことです。ほんとに沖縄LOVEですね!

ホームページから詳細が確認できます。
こちらから

みなさんとてもいい笑顔\(^o^)/ 

④⑤
⑦⑥
⑧⑨
⑩⑪



byタイラっち




ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村


 ブログランキング
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

2013 クースの日に向けて その3

8月も最後の週ですね。


クースの日の特別な古酒も着々と準備が進んでいます。


P1080503.jpg
“尺を測る”の図

貯蔵用の甕にはお酒の量を計るメモリは付いていません。

その為、物差しで甕の底から液面までの高さを図ります。
それを「尺を測る」と呼んでますが、単位はmmですよ。1尺2尺では図りません


貯蔵用に甕を設置するときには必ず、容器検定というものをするんです。

10Lのときは〇〇mm
20Lのときは△△mmを示す。って容器ごとに調べて登録するんです。


で、瓶に詰める前と後の液面の高さを測って容量を割り出して使用したお酒の量をきちんと管理するのです。


P1080512.jpg
“泡盛を攪拌する”の図

尺を測ったら泡盛が均一になるように攪拌です。



で、いよいよ瓶詰め!
P1080547.jpg



クースの日の特別な古酒は無事ボトルに詰め終わりました。

商品の完成が近づいてます。



ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村


 ブログランキング
人気ブログランキングへ




研修生!

8月。

大学生は夏休みですね~。

今年も授業の一環として研修生を受け入れました。


今回の学生さんは琉大生ではなく、県外の大学に通う3年生です。
(夏休みに沖縄に帰省しながらの研修です)


“泡盛”って沖縄特有のお酒だし、伝統があるし、“携わってみたい”って方は多いです。



でもでも


“泡盛を造る”って意外と重労働なんですよね


暑いし、重いし、長時間立ちっぱなしってことも多いし、意外と気を使う細かい作業も多いし、次から次ぎへと仕事は出てくるし(これはウチの会社だけかな?)

(マイナス意見ばかりですみませんまあそれでも働いているのはやっぱり好きなんですよね、泡盛造りが。)




でもそんなバタバタの中、一生懸命いろいろな作業をがんばってましたよ。

泡盛のことも、仕事のこともいろいろ体験して働くということをイメージして就職活動に役立てて欲しいですね。



P1080571.jpg
“泡盛のアルコール度数を調べる”の図。





ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村


 ブログランキング
人気ブログランキングへ


2013 クースの日に向けて その2

旧盆中の沖縄ですが、石川酒造場はお盆も休まず営業してます。

で、「クースの日 2013」に向けて少しずつ動きだしてきました。



特別なクースなのでやっぱり  が大事ですよね。


製造部もドキドキです。


なので貯蔵甕を覗いてみました。

P1080306.jpg


蓋を開けた瞬間

すごい良い香り~

いい香りとは

甕に貯蔵した古酒特有の香です。


“甕に貯蔵した古酒特有の香り”の具体的な説明が・・むずかしいのですが。


すごく甘い香りで古酒香豊かで、香りからもやわらかい味が想像できて、カメ香が豊かで。
(カメ香とはカメから出るいい香りです。あいまいで分かり難くてすみません。
タンクでの古酒には無く、甕貯蔵の古酒にはあるいい香りがあるんですよ)

とにかく今まで出してきたクースの中でもすごい香りです。



我慢できずにグラスに注いで「利き酒していいですか~」とお伺いを立てるために部長の元へ。

それぐらいすぐに飲みたくなる香でした。



味はおいしい~

甘い・柔らかい・すーと溶ける感じ・ずーっと飲んでいたいクースに仕上がってました。



とりあえず製造部としては一安心






ちなみに今年のクースの日の特別古酒は

ku-su.jpg
13年です。それも13年古酒と15年古酒のブレンドですよ。

肩ラベルしか写ってませんが、胴ラベルは石川酒造場と言えばお馴染みの黒地に金の甕仕込ロゴです。



クースの日までもうしばらくお待ちください。



※泡盛は嗜好品です。飲む方によって味・香の印象が変わりますのでご理解ください





【元祖琉球もろみ酢】の定期購入やってます。
定期バナー





ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村


 ブログランキング
人気ブログランキングへ


泡盛の蒸留

先週、工場内が非常に暑い日がありました。


その原因は


お米を蒸してる!

蒸留してる!!

洗瓶機(ビンを洗う機械)が動いてる!!!


これらの作業には蒸気を使うのですが、3つも同時に動いてるので工場の熱気はすごいことに!



まあお酒を造るには仕方がないことなので・・・こんな日もあるさということで

気を取り直して蒸留機を覗いてみました。


この時期の工場見学は非常に暑い その上、熱い蒸気を使う蒸留の見学は大変なので、ちょっと写真に納めてみました。


蒸留浮標
これは蒸留したお酒が出てくる垂れ口のところのアップです。

蒸留機

中心のところから蒸留されたお酒が湧き出てきます。

で真ん中の棒はメモリが付いた浮標でお酒に浮いてます。

このメモリはアルコール度数を計るためのもの。

写真のメモリは大体60位を指してますね。蒸留が始まったばかりのようです。

2時間30分くらいかけて蒸留していきます。


蒸留ってアルコールだけが取れるわけではなくって、水分も油成分も一緒に蒸留されるので時間と共にアルコール度数も低くなって出てくるんですよ。(後半は水分と油成分が多く蒸留されてくるため)

なのでこの浮標もだんだん浮かんできて低いメモリを指すようになります。


蒸留担当は終わりに近づくとこのメモリとにらめっこしてます。

〇〇度を指したので終わりだ~って確認して操作しなければならないのですよ~。



早く涼しくなって欲しいです。






ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村


 ブログランキング
人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。